研究集会

例会・研究発表会について

例会・研究発表会の情報は、メールで受け取ることができます(会員に限ります)。 メールでは、東・西部会例会・研究発表会のプログラムと発表の要旨をお知らせいたします。 ご希望の方は、美学会事務局(office@bigakukai.jp)までご連絡ください。 既に美学会にメールアドレスを登録済みで、かつアドレスを変更された場合、 新規アドレスを毎日学術フォーラム美学会係(maf-jsa@mynavi.jp)まで必ずお知らせ下さいますよう、よろしくお願いいたします。
例会・研究発表会に関する通知を出す際、仮にメールアドレスが不通になったとしても、 代わりにはがきをこちらから送ることは今後いたしませんので、ご注意下さい。

page top

次回の東部会

平成30年度 第3回美学会東部会例会 9月22日(土)

9月22日(土) 14時30分~18時00分
東京大学本郷キャンパス 法文1号館 113教室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

【研究発表】

雪月花の詩学
野村聡
司会:小林信之(早稲田大学)

ミケランジェロの「復活素描群」
――素描の分類およびキリスト像における彫刻的翻案と主題の変容――
新倉慎右(Bunkamura ザ・ミュージアム)
司会:遠山公一(慶應義塾大学)

「聖顔布(Mandylion)」の変容と帰結
―レオナルドの《サルヴァトール・ムンディ》とフランドル絵画の関係―
江藤匠(東洋大学)
司会:遠山公一(慶應義塾大学)

平成29年度美学会東部会例会開催日

第1回:5月27日(土)、慶應義塾大学
第2回:7月8日(土)、学習院大学
第3回:9月16日(土)、北海道大学
第4回:12月2日(土)、東京藝術大学
第5回:2018年3月3日(土)、早稲田大学

平成30年度美学会東部会例会開催日

第1回:5月26日(土)、成城大学
第2回:7月14日(土)、慶應義塾大学
第3回:9月22日(土)、東京大学
第4回:12月1日(土)、上智大学
第5回:2019年3月9日(土)、早稲田大学

page top

次回の西部会

美学会西部会 第320回研究発表会 9月22日(土)

平成30年9月22日(土)午後1時30分より
大阪大学 豊中キャンパス 法経講義棟 2番講義室

アクセス
阪急電車宝塚線「石橋」駅下車、東へ徒歩約15分
大阪モノレール「柴原」駅下車、徒歩約7~15分

アクセス・マップ
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/

キャンパス・マップ
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html


【研究発表】
保田與重郎の美術批評――ジョット論を中心に
遠藤 太良(京都大学)
プラトン『饗宴』の構成と形成されるソクラテス像
里中 俊介(大阪大学)

※一般の方の御来聴も自由です(参加費不要)。
西部会研究発表の申し込みは、下記の連絡先にお願い致します。
美学会西部会事務局
〒606‐8501 京都市左京区吉田二本松町
京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡田温司研究室内
e-mail: w-office@bigakukai.jp

平成30年度 西部会研究発表会 開催日、開催校

第318回:5月26日(土)、京都大学
第319回:7月14日(土)、同志社大学
第320回:9月22日(土)、大阪大学
第321回:12月8日(土)、関西学院大学
第322回:2019年3月16日(土)、京都工芸繊維大学

西部会研究発表会への発表申込方法について

美学会西部会では、研究発表会での発表者(各会2名)を以下の要領で募集しております。
・応募書類:
題目・発表者氏名(所属機関・身分)・1200字以内の要旨を西部会事務局(w-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
・締切:
随時募集。
・発表時間:
発表(40分~1時間)、2名の発表ののちに懇談会(1人あたり20~30分程度)。
・発表する研究発表会は、事務局へ応募が到着した順番にしたがって割り振られます。
・応募到着後3日以内に西部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・各研究発表会後に開催される委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

page top

美学会全国大会

第69回美学会全国大会発表者応募要項

第69回全国大会は、2018年10月6日(土曜日)~8日(月曜日)の3日間の日程で、関西大学を当番校として開催されます。日程については、後日お知らせします。

研究発表を希望される方(要旨提出時点で会員の方に限ります)は、論題と1200字以内の発表要旨を、2018年5月15日までに所属部会の事務局にお送り下さい。発表要旨は、所属部会のメールアドレスに添付ファイルでお送りいただくか、またはご郵送ください。なお、要旨の審査は氏名を伏せた形で行うため、発表要旨それ自体には氏名を記さず(論題は書いて下さい)、別紙に、論題と氏名、所属先、メールアドレスおよび確実に郵便物が届く住所を書いて提出して下さい。ファックスはお避けください。また、メールの場合、文字化け等を避けるために、テキストをメール本文にも直接貼り付けるとともに、別途プリントアウトをご郵送ください。

若手研究者フォーラムでの発表を希望される方は、研究発表と同じく論題と1200字以内の発表要旨を、2018年6月15日までに、若手研究者フォーラム委員会(wakate@bigakukai.jp)宛にメールでご提出下さい。発表への応募は、修士課程以上で、美学会で初めて発表する方であれば、年齢や研究歴の制限は設けません。要旨提出時点で非会員の方は、発表応募書類とは別に、入会申込書を、所属を希望される部会事務局宛に、同じく6月15日までにお送り下さい。入会手続きが完了しなければ発表資格を失います。

第69回美学会全国大会WEBサイト開設のお知らせ(10月6日~8日、関西大学・千里山キャンパス)

第69回美学会全国大会のWEBサイトが開設されました。
2018年10月6日 (土) ~8日 (月・祝)、関西大学 (千里山キャンパス)にて開催されます。
以下のリンクをご参照ください。

第69回美学会全国大会ウェブサイト

全国大会発表者審査方法

美学会では、全国大会での発表を希望する会員は、自分の所属する 東または西の部会に、要旨を添え、例年5月15日までに申し込みを行います。 提出された要旨は、5月末または6月初めの各部会委員会で審査されます。 要旨の審査は、発表希望者の氏名は伏せた上で、委員の合議によって行います。 例年発表者数は合計30人程度ですが、応募状況と会場確保状況に応じて 微調整します。

page top

これまでの美学会全国大会

page top