お知らせ一覧

■『第71回美学会全国大会 若手研究者フォーラム発表報告集』(WEB版)掲載のお知らせ    2021年4月 6日

『第71回美学会全国大会 若手研究者フォーラム発表報告集』(WEB版)を掲載しました。
下記のページよりご覧いただけます。

http://www.bigakukai.jp/wakate/papers2020/index.html

page top
■2021年度 美学会東部会第2回例会 発表者再募集    2021年3月18日

美学会東部会では、2021年度第2回例会(2021年7月10日 成城大学・オンライン開催)での発表者を、以下の要領で募集いたします。

・応募書類:
題目・発表者名(所属機関・身分[職位、学年])・1,200字以内の要旨を東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。要旨では、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにしてください。
また、内容は未発表のものに限ります。

・締切:
2021年5月8日(土)

・発表時間:
発表(40~45分)、質疑応答(15~20分)の計1時間です。
なお、発表内容に応じて、20分もしくは60分の発表時間を選ぶことも可能です(質疑応答はいずれも15~20分)。これらの発表時間をご希望の場合は応募時に理由を明記してその旨お知らせください。

・ご応募は要旨提出時点で会員の方に限ります。
・美学会で初めて研究発表される場合は、現在のご所属に加えて、これまでの研究紹介あるいは簡単な業績表を添えてください。
・応募到着後3日以内に東部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・締切の後1ヶ月以内に開催される東部会委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。


また、その後の例会は以下のスケジュールでの公募を予定しています。
9月の例会:2021年6月26日(土)締切
12月と翌年3月の例会:2021年9月4日(土)締切

2021年度 美学会東部会例会 開催日・開催場所(予定)
第1回:5月22日(土)北海道大学 ※オンライン開催
第2回:7月10日(土)成城大学 ※オンライン開催
第3回:9月18日(土)学習院大学 ※オンライン開催
第4回:12月11日(土)東京藝術大学 ※オンライン開催
第5回:2022年3月12日(土)早稲田大学 ※オンライン開催

page top
■2021年度 美学会西部会例会 発表者募集    2021年3月 8日

美学会西部会では、例会での発表者を、以下の要領で募集しております。応募到着後3日以内に西部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。各研究発表会後に開催される委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

・応募書類:
題目、発表者名(所属機関・身分[職位、学年])、1,200字以内の要旨を西部会事務局(w-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
要旨では、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにしてください。また、内容は未発表のものに限ります。

・発表時間
発表時間20-25分(全国大会と同形式のもの)もしくは40-45分(従来通りの発表)、60分、の3種類から選択してください。

・締切:随時募集

・2021年度 美学会西部会例会 開催日・開催場所(予定)
第333回 5月29日、京都大学(現地もしくはオンライン)
第334回 7月10日、同志社大学(現地もしくはオンライン)
第335回 9月25日、大阪大学(現地もしくはオンライン)
第336回 12月4日or11日、京都工芸繊維大学(現地もしくはオンライン)

page top
■美学会西部会例会発表時間・形式の変更について    2021年3月 8日

美学会西部会では、令和3年5月例会より発表時間・発表形式を以下のように変更いたします。

■発表時間の変更
・現行:発表者2名、発表時間40~45分
・変更後:発表者2名、発表時間20-25分(全国大会と同形式のもの)もしくは40-45分(従来通りの発表)、60分、の3種類から選択
※応募の際に希望発表時間を申し出てください。

■発表形式の変更
・現行:発表者1(40~45分)、発表者2(40~45分)、
懇談会(60分程度)内で、1人につき20~30分質疑応答を順次行い、その後発表者2名と司会によるディスカッション(10-20分)
・変更後:発表1(20-25分 or 40-45分 or 60分)質疑応答1(10~20分)
     発表2(20-25分 or 40-45分 or 60分)質疑応答2(10~20分)

page top
■美学会全国大会開催日程決定のお知らせ    2021年3月 7日

第72回全国大会は、東京大学を当番校として10月9日(土)、10日(日)の2日間の日程で開催予定です。なお、開催形式については、現在のところ、オンライン上での開催を予定しております。研究発表を希望される方は、開催形式をご理解の上ご応募くださいますこと、お願い申し上げます。

研究発表を希望される方(要旨提出時点で会員の方に限ります)は、論題と1200字以内の発表要旨を、2021年5月15日までに所属部会の事務局まで電子メールでお送り下さい。なお、要旨には、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにするよう願います。発表要旨は、所属部会のメールアドレスに添付ファイルでお送りください。なお、要旨の審査は氏名を伏せた形で行うため、発表要旨それ自体には氏名を記さず(論題は書いて下さい)、別ファイルに、論題と氏名、所属先、メールアドレスおよび確実に郵便物が届く住所を書いて提出して下さい。ファックスはお避けください。また、メールは、文字化け等を避けるために、テキストをメール本文にも直接貼り付けるとともに、別途添付ファイルをお送りください。なお、口頭発表の時間は、1人30分(四百字詰原稿用紙20~25枚程度)、発表者数は30名程度です。

若手研究者フォーラムでの発表を希望される方は、研究発表と同じく論題と1200字以内の発表要旨を、2021年6月15日までに、若手研究者フォーラム委員会(wakate@bigakukai.jp)宛にメールでご提出下さい。要旨の書き方は上記の研究発表に準じます。発表への応募は、修士課程以上で、美学会で初めて発表する方であれば、年齢や研究歴の制限は設けません。要旨提出時点で非会員の方は、発表応募書類とは別に、入会申込書を、所属を希望される部会事務局宛に、同じく6月15日までにお送り下さい。入会手続きが完了しなければ発表資格を失います。なお、発表形態は、研究発表と同じく個人研究発表とし、委員会が選考を行います。口頭発表の時間は、1人20分(四百字詰原稿用紙14~17枚程度)、発表者数は20名から30名程度を予定しています。

page top
■公益財団法人戸部眞紀財団 研究助成/奨学金 募集要項    2021年3月 7日

公益財団法人戸部眞紀財団より研究助成/奨学金のお知らせが届きました。
詳細は「公募/助成」のページをご覧ください。


page top
■美学会西部会 第332回研究発表会(オンライン)    2021年2月23日

令和3年3月6日(土)13時30分より(オンライン開催)

本例会は九州大学での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症予防のため、会議システムzoom を利用したオンラインにより開催いたします。なお、九州大学には、本例会の当番校としてご参加いただいております。
ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。

※非会員の方で参加ご希望の方は、事前に美学会西部会事務局までご連絡ください。

美学会西部会 例会担当

【発表プログラム】

13:30~13:35 当番校挨拶
13:35~14:15 坂東晴妃(大阪大学)「サウンドスケープにおける五感の再統合――想像力の働きに注目して――」
14:20~15:00 小寺里枝(京都大学)「ジャン・デュビュッフェ絵画の「物質性」とベルクソン哲学」
15:00~15:30 休憩
15:30~16:30 懇談会

美学会西部会事務局
〒577‐8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
近畿大学文芸学部 文化デザイン学科 前川修研究室内
e-mail: w-office@bigakukai.jp

page top
■美学会東部会 2020年度第5回例会(オンライン)     2021年2月13日

美学会東部会会員各位


3月13日に開催予定の第5回例会(上智大学)は、会議システムzoomを利用するリアルタイムでのオンライン開催となります。
会員の方は、別途会員向けのメールでご案内したURLからご参加ください。

非会員の方は、予めGoogleフォームを利用した登録をお願いします。
ご登録いただいたメールアドレスに参加用URLをお送りいたします。
登録期限は3月13日12:30までとさせていただきます。

https://forms.gle/zwtfnc7MZduVFSTp6

事前登録QRコードはこちら。
美学会東部会 2020年度第5回例会(オンライン).png

13:00 ~ 14:00
持地秀紀(上智大学)「ベルクソン哲学におけるポイエーシス論の変遷」
司会: 瀧一郎(大阪教育大学)

14:10 ~ 15:10
小林信之(早稲田大学)「感覚の共有可能性と個別性 ―カント『判断力批判』再考」
司会: 小田部胤久(東京大学)

15:20 ~ 16:20
岡俊一郎(東京大学)「「新しい日本の絵画と彫刻」展に対する評価の再検討 --日本の美術界との関わりと東野芳明による反応を中心に--」
司会: 大澤慶久

美学会 東部会 
例会担当委員 椎原伸博

page top
■国際版『美学』第25号 論文募集のお知らせ    2021年2月 3日

下記のページをご覧ください。

http://www.bigakukai.jp/aesthetics_online/index_jp/index_jp.html

page top
■2021年度 美学会東部会例会 発表者募集    2021年1月20日

美学会東部会では、例会での発表者を、以下の要領で募集しております。
なお、2021年度の東部会例会は原則として、オンラインでの開催を予定しております。

・応募書類:
題目、発表者名(所属機関・身分[職位、学年])、1,200字以内の要旨を東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
要旨では、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにしてください。
また、内容は未発表のものに限ります。

・発表時間:
発表(40〜45分)、質疑応答(15〜20分)の計1時間です。
なお、発表内容に応じて、20分もしくは60分の発表時間を選ぶことも可能です(質疑応答はいずれも15〜20分)。
これらの発表時間をご希望の場合は応募時に理由を明記してその旨お知らせください。

・ご応募は要旨提出時点で会員の方に限ります。
・美学会で初めて研究発表される場合は、現在のご所属に加えて、
これまでの研究紹介あるいは簡単な業績表を添えてください。
・応募到着後3日以内に東部会事務局より受領確認のメールが送られます。
もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・締切の後1ヶ月以内に開催される東部会委員会にて題目・要旨を審査し、
その結果を事務局からお伝えいたします。

・応募締切:
2021年5月・7月開催予定の例会については、2021年2月27日(土)、
その後の9月の例会については2021年6月26日(土)、
12月と翌年3月の例会については、2021年9月4日(土)といたします。

2021年度 美学会東部会例会 開催日・開催場所(予定)
第1回:5月22日(土)北海道大学 ※オンライン開催
第2回:7月10日(土)成城大学 ※オンライン開催
第3回:9月18日(土)(開催校は調整中) ※オンライン開催
第4回:12月11日(土)東京藝術大学 ※オンライン開催
第5回:2022年3月12日(土)早稲田大学 ※オンライン開催

page top