お知らせ一覧

■美学会東部会 平成28年度第1回例会    2016年5月11日

日時:5月28日(土)午後2時30分~5時

会場:日本大学 文理キャンパス
3号館3階 3303教室
〒156-8550 東京都世田谷区桜上水3-25-40
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/about_chs/campus_map/

研究発表:

ベルクソン『創造的進化』における「共感」の概念
持地秀紀(上智大学)

〈パリのアメリカ人〉と〈孤島のロビンソン〉
――カント美学と文明化の過程――
小田部胤久(東京大学)

page top
■7月 IAA(国際美学会)ソウル大会のお知らせ    2016年5月10日

7月 IAA(国際美学会)ソウル大会のお知らせ
2016年7月24日~7月29日、
ソウルにて開かれる国際美学会をお知らせします。
下記のPDFをご確認ください。
Tyrus Young Scholar Awards

page top
■美学会西部会 第308回研究発表会    2016年5月10日

平成28年5月21日(土)午後1時30分より
京都大学 吉田南キャンパス 人間・環境学研究科棟地下大講義室

会場・アクセス・キャンパスマップ
https://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/

〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町
JR/近鉄線京都駅・・・ 市バス京都駅前バスのりばから、206 系統「東山通・北
大路バスターミナル」行→「京大正門前」下車
阪急河原町駅・・・市バス四条河原町201系統「祇園・百万遍」行、または31系
統「高野・岩倉」行→「京大正門前」下車
京阪出町柳駅・・・徒歩15分。または市バス出町柳駅前(東行き)201系統「百万
遍・祇園」行→「京大正門前」下車
地下鉄烏丸線 今出川駅・・・市バス烏丸今出川駅前(東行き)201系統「百万遍・
祇園」行→「京大正門前」下車
地下鉄東西線 東山駅・・・市バス東山三条(北行き)201系統「百万遍・千本今出
川」行、または206系統「高野・北大路バスターミナル」行、または31系統「高
野・岩倉」行→いずれも「京大正門前」下車

【研究発表】
初期ホラージャンルにおけるゾンビ映画の位置づけ
福田 安佐子(京都大学大学院)

「JAPAN牛窓国際芸術祭」再考
―80年代、日本における野外美術展の変質とその文脈―
山下 晃平(日本学術振興会特別研究員PD(京都市立芸術大学))

page top
■東部会共催の講演会について    2016年5月10日

東部会共催の講演会についてお知らせいたします。
つきましては、以下の詳細をご参照ください。

講演者:Paul Ziche 教授(オランダ・ユトレヒト大学)
題目:Neuartige allgemeine Begriffe von Wissenschaft um 1900
日時:6月3日(金)15時より
場所:東京大学文学部美学芸術学研究室(法文2号館2213号室)

page top
■柴田南雄音楽評論賞のお知らせ    2016年4月17日

学校法人桐朋学園アリオン江戸音楽振興基金では、柴田南雄音楽評論賞の評論
作品を公募しています。
詳しくは
http://www.tohomusic.ac.jp/toho-arion/m_shibata_2016.html

をご参照ください。

page top
■第66回美学会全国大会「若手研究者フォーラム発表報告集」の公開    2016年3月31日

早稲田大学にて開催された「第66回美学会全国大会」における、
「若手研究者フォーラム発表報告集」を公開します。
下記のアドレスよりご確認ください。
http://www.bigakukai.jp/wakate/papers2015/

page top
■国際学会のお知らせ(Essence and Context: A Conference Between Music and Philosophy)    2016年3月30日

2016年8月31日~9月3日、
ヴィリニュス(リトアニア)にて開かれる国際学会、
Essence and Context: A Conference Between Music and Philosophyをご案内します。
下記のPDFより、学会ポスター、および、研究発表の応募要項をご確認ください。
Essence and Context Call for Papers 2016 poster.pdf
Essence and Context Call for Papers 2016.pdf

page top
■平成28年度 美学会東部会例会 発表者再募集    2016年3月11日

美学会東部会では、平成28年度第2回例会(7月9日 成城大学)、および第3回例会(9月24日 東京大学)での発表者を、以下の要領で再募集します。
・応募書類:発表者名(所属機関・身分[職位、学年])・題目・1,200字以内の要旨を東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)宛にお送り下さい。応募到着後1週間以内に到着確認のメイルをお送りします。もし確認メイルが届かない場合は、再度ご連絡下さい。
・締切:平成28年5月20日(金)
・発表時間:発表(40~45分)、質疑応答(15~20分)の計1時間です。
・美学会で初めて研究発表される方は、現在の所属に加えて、これまでの研究の紹介あるいは簡単な業績表を添えて下さい。
・応募締切の後、東部会委員会において匿名で要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

page top
■2016年度全国大会について    2016年3月 4日

第67回全国大会は、2016年10月8日(土曜日)、9日(日曜日)に、同志社大学を当番校として開催
されます。例年と異なり、二日間の開催ですのでご注意下さい。

研究発表を希望される方(要旨提出時点で会員の方に限ります)は、論題と1200字以内の発表要旨
を、2016年5月15日までに所属部会の事務局にお送り下さい。なお、要旨には、研究発表の意義、独自
の解釈、主張を明らかにするよう願います。発表要旨は、所属部会のメールアドレスに添付ファイル
でお送りいただくか、またはご郵送ください。なお、要旨の審査は氏名を伏せた形で行うため、発表
要旨それ自体には氏名を記さず(論題は書いて下さい)、別紙に、論題と氏名、所属先、メールアド
レスおよび確実に郵便物が届く住所を書いて提出して下さい。ファックスはお避けください。また、
メールの場合、文字化け等を避けるために、テキストをメール本文にも直接貼り付けるとともに、別
途プリントアウトをご郵送ください。なお、口頭発表の時間は、一人30分(四百字詰原稿用紙20~25
枚程度)、発表者数は30名程度です。

若手研究者フォーラムでの発表を希望される方は、研究発表と同じく論題と千二百字以内の発表要
旨を、2016年6月15日までに、若手研究者フォーラム委員会(wakate@bigakukai.jp)宛にメールでご
提出下さい。要旨の書き方は右記の研究発表に準じます。発表への応募は、修士課程以上で、美学会
で初めて発表する方であれば、年齢や研究歴の制限は設けません。要旨提出時点で非会員の方は、発
表応募書類とは別に、入会申込書を、所属を希望される部会事務局宛に、同じく6月15日までにお送り
下さい。入会手続きが完了しなければ発表資格を失います。なお、発表形態は、研究発表と同じく個
人研究発表とし、委員会が選考を行います。口頭発表の時間は、一人20分(四百字詰原稿用紙14~17
枚程度)、発表者数は20名から30名程度を予定しています。

page top
■美学会西部会からのお知らせ    2016年2月25日

前回の委員会において、
美学会西部会における発表時間の長さを
変更する事が決定致しました。
従来、約1時間であったところを、
今後は40分~1時間となります。
ご確認のほど、宜しくお願い致します。

page top