お知らせ一覧

■第68回美学会全国大会WEBサイト開設のお知らせ(10月7日~9日、國學院大學・渋谷キャンパス)    2017年8月10日

第68回美学会全国大会のWEBサイトが開設されました。
2017年10月7日 (土) ~9日 (月・祝)、國學院大學 (渋谷キャンパス)にて開催されます。
以下のリンクをご参照ください。

第68回美学会全国大会ウェブサイト

page top
■Aaron Meskin先生講演会開催 8月1日(広島大学)、4日(広島大学)、9日(立命館大学)、11日(東京大学)    2017年7月26日

2017年7月28日から8月18日の日程で、イギリスのLeeds大学の哲学、
美学研究者Aaron Meskin先生が来日され、広島大学に滞在される予定です。
Meskin先生は英語圏の美学、芸術の哲学の第一線で活躍されている研究者であ
り、美的証言(aesthetic testimony)、想像力、フィクション、実験美学
(experimental aesthetics)、ビデオゲームの美学、コミックの美学、食の美
学、等々、非常に多様なトピックについて重要な論文を発表されています。
Meskin先生の来日に合わせて以下のようなイベントが計画されており、いずれも
無料、予約不要となっておりますので、関心のある方はお気軽にご参加ください。


広島:『現代思想演習』公開セミナー:Aaron Meskin先生
日時:2017年8月1日、12:50ー14:20
場所:広島大学総合科学部A705号室
言語:英語
講演者:Aaron Meskin (University of Leeds)
詳細:https://drive.google.com/file/d/0B5gEwX3nK6-xX05vc2NlelJyTXM/view?
usp=sharing

連絡先:宮園健吾
miyazono@hiroshima-u.ac.jp

広島:Hiroshima Philosophy Forum #2: Comparative Issues in Aesthetics
日時:2017年8月4日、14:00ー18:05
場所:広島大学総合科学部K111号室
言語:英語
講演者:Takao Aoki (Hiroshima University), Hideki Kuwajima (Hiroshima
University), Aaron Meskin (University of Leeds)
詳細:https://drive.google.com/file/d/0B5gEwX3nK6-xeDNONjJaclFUUXM/view?
usp=sharing

連絡先:宮園健吾
miyazono@hiroshima-u.ac.jp

京都:Workshop: Videogames and Creativity
日時:2017年8月9日、13:00ー16:00
場所:Hirai Kaichiro Memorial Library Conference Room, Ritsumeikan
University, Kinugasa Campus
言語:英語
講演者:Aaron Meskin (University of Leeds), Kentaro Tanabe (Ritsumeikan
University), Takafumi Kato (Nagoya University, JSPS fellow)
詳細:http://researchmap.jp/jo0ytq02f-1833322/#
連絡先:田邉 健太郎 tanaberou@gmail.com

東京:Workshop: Art & Mind
日時:2017年8月11日、9:50ー18:00
場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館215号室
言語:英語
講演者:Keito Iwakiri (University of Tokyo), Yoshiyuki Hayashi (Saitama
Medical University), Kengo Miyazono (Hiroshima University), Norihide
Mori (University of Tokyo), Aaron Meskin (University of Leeds)
詳細:https://drive.google.com/file/d/0B5gEwX3nK6-xQ1ZJbXVKdlZvS3M/view?
usp=sharing

連絡先:森功次 morinorihide@hotmail.com
宮園健吾 miyazono@hiroshima-u.ac.jp

page top
■第68回全国大会研究発表の応募数と採択数    2017年7月11日

第68回全国大会研究発表への応募数は、東部会が計20件(うち16件を採択)、西部会が計16件(うち14件を採択)でした。

page top
■美学会西部会 第314回研究発表会 7月8日    2017年6月28日

平成29年7月8日(土)午後1時30分より
同志社大学 今出川キャンパス
至誠館S4教室

アクセス
地下鉄烏丸線 「今出川」駅から徒歩1分
京阪電車 「出町柳」駅から徒歩15分
バス停 「烏丸今出川」から徒歩1分

アクセス・マップ
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/imadegawa.html

キャンパス・マップ
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html#campusmap


【研究発表】
映像と音の同期に関する考察
――0.1秒のリアリティー――
桑原 圭裕(関西学院大学)

1960‐70年代の日本におけるヴィヴァルディ《四季》の受容
――聴き手の主体性の喪失とその回復のゆくえ――
大愛 崇晴(同志社大学)

※一般の方の御来聴も自由です(参加費不要)。
西部会研究発表の申し込みは、下記の連絡先にお願い致します。

美学会西部会事務局
〒606‐8501 京都市左京区吉田二本松町
京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡田温司研究室内
e-mail: w-office@bigakukai.jp

page top
■平成29年度 美学会東部会例会 発表者募集    2017年6月17日

美学会東部会では、今年度第4回、第5回例会での発表者を、以下の要領で募
集しております。
・応募書類:
題目・発表者名(所属機関・身分[職位、学年])・1,200字以内の要旨、および、
発表を希望する例会(複数選択可)を、東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)
宛にお送り下さい。
・締切:
12月・翌2018年3月開催予定の例会については、8月31日(木)といたしま
す。
・発表時間:
発表(40~45分)、質疑応答(15~20分)の計1時間です。
・美学会で初めて研究発表される場合は、現在のご所属に加えて、これまでの
研究紹介あるいは簡単な業績表を添えて下さい。
・発表する例会については、できるだけご希望を尊重いたしますが、必ずしも
意に添えない場合がありますこと、予めご了承下さい。
・応募到着後3日以内に東部会事務局より受領確認のメイルが送られます。も
し確認メイルが届かない場合は、再度事務局にご連絡下さい。
・前・後期それぞれの締切の後1ヶ月以内に開催される東部会委員会にて題目・
要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

平成29年度 美学会東部会例会 開催日・開催校
第1回:5月27日(土)、慶應義塾大学
第2回:7月8日(土)、学習院大学
第3回:9月16日(土)、北海道大学
第4回:12月2日(土)、東京藝術大学
第5回:2018年3月3日(土)、早稲田大学

page top
■平成29年度 第2回美学会東部会例会 7月8日    2017年6月17日

7月8日(土) 14時30分~16時30分
学習院大学 南3号館4階 401教室
キャンパスマップ:
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/life/campusmap2017.pdf


研究発表

日本工芸の分水嶺―漆芸家・髙橋節郎の1950年代の活動に着目して
南有里子(金沢美術工芸大学)
司会:木田拓也(武蔵野美術大学)

フランソワ・ブーシェをめぐる批評―受容層の拡大に伴う評価基準の多様化
太田みき(学習院大学)
司会:宮崎匠(武蔵野美術大学)

page top
■2017年度全国大会 研究発表 再募集(西部会)    2017年5月31日

 西部会では、第68回全国大会(2017年10月7日(土)~9日(月)、於國學院大学)における研究発表の発表者を、若干名再募集いたします。
 研究発表を希望される方(要旨提出時点で西部会所属の会員の方に限ります)は、論題と1200字以内の発表要旨を、2017年6月23日までに西部会事務局にお送り下さい。
 なお、要旨には、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにするよう願います。発表要旨は、西部会事務局のメールアドレス(w-office@bigakukai.jp)に添付ファイルでお送りいただくか、またはご郵送ください(住所は左のサイドバーをご参照下さい)。なお、要旨の審査は氏名を伏せたかたちでおこなうため、発表要旨それ自体には氏名を記さず(論題は書いて下さい)、別紙に、論題と氏名、所属先、メールアドレスおよび確実に郵便物が届く住所を書いて提出してください。
 ファックスはお避け下さい。また、メールの場合、文字化け等を避けるために、テキストをメール本文にも直接貼り付けるとともに、別途プリントアウトをご郵送ください。なお、口頭発表の時間は、1人30分(四百字詰原稿用紙20~25枚程度)です。

page top
■平成29年度 美学会西部会例会 発表者募集    2017年5月31日

美学会西部会では、例会での発表者(各会2名)を、以下の要領で募集しております。
・応募書類:
題目・発表者氏名(所属機関・身分)・1200字以内の要旨を、西部会事務局(w-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
・締切:
随時募集。
・発表時間:
発表(40分~1時間)、2名の発表ののちに懇談会(1人あたり20~30分程度)。
・発表する例会については、事務局へ応募が到着した順番にしたがって割り振られます。
・応募到着後3日以内に西部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・各例会後に開催される委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

平成29年度 美学会西部会例会 開催日、開催校
第314回:7月8日(土)、同志社大学
第315回:9月16日(土)、大阪大学
第316回:12月2日(土)、立命館大学
第317回:2018年2月または3月、広島大学

page top
■雑誌『美学』のJ-STAGEでの公開開始のお知らせ    2017年5月22日

本年度より雑誌『美学』のオンライン版が、CiNiiからJ-STAGEに移行し、
本日22日に公開される運びとなりました。
下記のURLよりご覧いただけます。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/bigaku/-char/ja/

どうぞよろしくお願い致します。

page top
■公立大学法人長岡造形大学 専任教員募集(平成29年6月22日(木)書類必着)    2017年5月22日

公立大学法人長岡造形大学では、平成30年4月1日採用予定の専任教員を公募しています。
■専門分野
【造形学部 美術・工芸学科】
 教育学(教職課程担当)(教授または准教授 1人)
  http://www.nagaoka-id.ac.jp/recult/2017/04/24/kyoiku/
 美術教育学(教職課程担当)(教授または准教授 1人)
  http://www.nagaoka-id.ac.jp/recult/2017/04/24/bijyutsukyoiku/
【大学院造形研究科造形専攻】
芸術学(准教授または助教 1人)
http://www.nagaoka-id.ac.jp/recult/2017/04/24/geijyutsu/
■採用予定日 平成30年4月1日
■応募締切 平成29年6月22日(木)書類必着
■応募書類や詳細は本学ホームページをご確認ください。
http://www.nagaoka-id.ac.jp/news/2017/04/24/1063/

■問合せ 長岡造形大学 総務課(採用担当)

電話 0258-21-3311

E-mail somu@nagaoka-id.ac.jp


page top