美学会西部会 第334回研究発表会

令和3年度第334回研究発表会を、7月10日(土)13時30分より行ないますのでご連絡いたします。本例会は、同志社大学での開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染症予防のため、会議システムzoom を利用した、オンラインによる例会を行うことといたしました。なお同志社大学には、本例会の当番校としてご参加いただいております。
また西部会では、前回より発表形式・発表時間が変更となりましたので、お間違いのないよう何卒よろしくお願いいたします。

※非会員の方で参加ご希望の方は、事前に美学会西部会事務局までご連絡ください。
※当日のトラブル等に関しては、美学会HP及びTwitterにてご連絡いたします。


美学会西部会 例会担当


【研究発表】
13:30~13:35 当番校挨拶
13:35~14:35(発表時間40分+質疑応答20分)
池田真実子(京都大学)「攻撃するイメージ----オットー・ディックスの《塹壕》をめぐって----」
14:35~14:45休憩(10分)
14:45~15:45(発表時間40分+質疑応答20分)
松波烈(京都大学)「ヴィーラントの「ボニファーツ・シュライヒャー」における記憶変容の問題」


美学会西部会事務局
〒577‐8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
近畿大学文芸学部 文化デザイン学科 前川修研究室内
e-mail: w-office@bigakukai.jp

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このブログ記事について

このページは、bigakukaiが2021年6月17日 06:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美学会東部会 2021年度第2回例会(オンライン)」です。

次のブログ記事は「群馬県立女子大学文学部美学美術史学科教員(美学)の公募について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。