• 土. 6月 22nd, 2024

美学会

The Japanese Society for Aesthetics

2023年度 第3回美学会東部会例会のお知らせ

8月 9, 2023

2023年9月16日(土) 13時00分~16時15分

会場:東京大学 (法文1号館1階113教室)(ハイフレックス形式)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_01_j.html

当番校挨拶 13時~ 吉田 寛(東京大学)
(1)13時05分 ~ 13時45分
司会: 瀬尾 文子(国立音楽大学)
山田 真理子(お茶の水女子大学)
「20 世紀初期英国におけるピアノ奏法教育に関する考察 ―トーマス・フィールデンによる論考に注目して―」
zoomでのリアルタイム配信: 有

15分休憩 換気時間含む

(2)14時00分 ~ 15時00分
司会:林 卓行(東京藝術大学)
坂井 剛史(東京大学)
「初期グリーンバーグにおけるアヴァンギャルド美術の政治性について」
zoomでのリアルタイム配信: 有

15分休憩 換気時間含む

(3)15時15分 〜 16時15分
司会:小林 信之(早稲田大学)
桑原 俊介(上智大学)
「バウムガルテンの「感性的判断(iudicium sensitivum)」概念の系譜学
――論理学・弁論術・心理学(霊魂論・認識能力論)の系譜に即して――」
zoomでのリアルタイム配信: 有

なお、今回の例会は全ての発表において、会議システムzoomによるリアルタイム配信も行います。
当日、以下のURLあるいはミーティングID・パスコードにてご参加ください。

トピック: 美学会東部会例会(9/16東京大学)
時間: 2023年9月16日 01:00 PM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する
https://u-tokyo-ac-jp.zoom.us/j/81621375600?pwd=Q0U1WkJWZHBWN2djYUdpZkdOaVc4QT09

ミーティングID: 816 2137 5600
パスコード: 537098

入室いたしましたら、ご自身で名前を以下のように変更お願いします。
名前(漢字あるいはカタカナ) 所属(任意)
例、 山田太郎 東京大学
名前の変更方法については、下記のサイトをご覧下さい。
https://applimura.com/zoom-name-change/#ZoomPC
研究会中は、音声とビデオともオフに設定してください。
質疑応答に際しては、zoomのチャットや挙手、反応等の機能を用いて行います。

Zoomでの参加の際、発表の録画・録音、スクリーンショット等は行わないでください。
また、ミーティングのURL・ID・パスコードを第三者に知らせることはお控えください。

対面での例会は、東京大学の感染予防基準に基づき行います。


2023年度 美学会東部会例会 発表者募集のお知らせ

美学会東部会では、例会での発表者を、以下の要領で募集しております。

・応募書類:
題目、発表者名(所属機関・身分[職位、学年])、1,200字以内の要旨を東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
要旨では、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにしてください。
また、内容は未発表のものに限ります。

・発表時間:
発表(40〜45分)、質疑応答(15〜20分)の計1時間です。
なお、発表内容に応じて、20分もしくは60分の発表時間を選ぶことも可能です(質疑応答はいずれも15〜20分)。
これらの発表時間をご希望の場合は応募時に理由を明記してその旨お知らせください。

・ご応募は要旨提出時点で会員の方に限ります。
・美学会で初めて研究発表される場合は、現在のご所属に加えて、これまでの研究紹介あるいは簡単な業績表を添えてください。
・応募到着後3日以内に東部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・締切の後1ヶ月以内に開催される東部会委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。

・応募締切:
2023年12月と翌年3月の例会については、2023年9月7日(木)といたします。
いずれも若干名の募集となりますので、応募多数の場合はそれぞれ応募した次回以降の発表となることがあります。

2023年度 美学会東部会例会 開催日・開催場所
第4回:12月9日(土)東北大学
第5回:2024年3月9日(土)早稲田大学