• 水. 8月 10th, 2022

美学会

The Japanese Society for Aesthetics

西部会研究発表会

次回の西部会

令和4年7月30日(土)13時30分より
同志社大学 今出川キャンパス 良心館 RY303

【研究発表プログラム】
13:30~13:35 当番校挨拶
13:35~15:05(発表時間60分+質疑応答20~30分)
岩崎陽子(嵯峨美術短期大学)「嗅覚再考―どのように嗅ぎ、表現するか」
司会:伊達立晶(同志社大学)

※一般参加自由
・来校前に必ず検温し、37.5 度以上の熱がある場合及び体調に不安がある場合は、参加をお控えください。
・構内では、基本的に常時、不織布マスクの着用をお願いします。ただし熱中症予防等を考慮し、屋外においては、周囲との十分な距離を確認したうえで適宜外していただいてもかまいません。
・構内ではソーシャルディスタンス(2m以上)の確保と手指消毒にご協力ください。
・例会会場となる教室内での飲食、マスクをはずしての会話はお控えください。

美学会西部会 第339回研究発表会

回 開催日、開催校

第340回 2022年12月頃(日付未定)、大阪大学(現地もしくはオンライン)
第341回 2023年2月頃(日付未定)、京都大学(現地もしくはオンライン)

西部会研究発表会への発表申込方法について

美学会西部会では、研究発表会での発表者(各会2名)を以下の要領で募集しております。

応募書類

題目・発表者氏名(所属機関・身分)・1200字以内の要旨を西部会事務局(w-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。

締切

随時募集。

発表時間

発表者2名、発表時間20-25分(全国大会と同形式のもの)もしくは40-45分(従来通りの発表)、60分、の3種類から選択

ご注意

※応募の際に希望発表時間を申し出てください。
・発表する研究発表会は、事務局へ応募が到着した順番にしたがって割り振られます。
・応募到着後3日以内に西部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・各研究発表会後に開催される委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。