• 土. 10月 1st, 2022

美学会

The Japanese Society for Aesthetics

東部会例会

次回の東部会

2022年度 第3回美学会東部会例会

2022年9月17日(土) 13時00分~16時30分
会場:上智大学(四谷キャンパス)12号館201教室(対面開催・一部ハイフレックス形式)

当番校挨拶13時〜 桑原 俊介(上智大学)
①13時05分〜14時05分
司会: 小林 信之(早稲田大学)
桑原 俊介(上智大学)「ブルーメンベルクの美学――フィクショナルなものの存在論・創造論・形而上学的人間学」
zoomでのリアルタイム配信: 有

10分休憩 換気時間含む

②14時15分〜15時15分
司会: 金子 智太郎(愛知県立芸術大学)
中村 将武(東京大学)「音楽におけるハイ・ファイとロー・ファイの類似性とモデル化」
zoomでのリアルタイム配信: 有

15分休憩 換気時間含む

③15時30分〜16時30分
司会: 河本 真理(日本女子大学)
松井 裕美(東京大学)「アンドレ・マッソンの戦争経験と擬態する身体―解剖学的視覚から生態学的イメージへ」
zoomでのリアルタイム配信: 無(著作権の都合により)


なお、今回の例会は①と②の発表は、会議システムzoomによるリアルタイム配信も行います。
非会員の方でzoomでの参加をご希望の方は以下のフォームからご登録ください。(会員は事前の参加申請は必要ありません。)

https://forms.gle/2k4NBSscYCiauUU4A

Zoomでの参加の際、発表の録画・録音、スクリーンショット等は行わないでください。また、ミーティングのURL・ID・パスコードを第三者に知らせることはお控えください。

対面での例会は、上智大学の感染予防基準に基づき行います。
入校に際してはアルコール消毒が設置されている北門をご利用下さい。詳細は以下をご覧ください。
https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

また、教室に入る際に、検温、アルコール消毒を行うと共に、出席者確認のため、お名前の記入をお願いします。

2022年度 美学会東部会例会 開催日・開催場所(予定)

第1回:5月28日(土)慶應義塾大学 
第2回:7月9日(土)成城大学 
第3回:9月17日(土)上智大学  
第4回:12月10日(土)東京藝術大学(上野キャンパス) 
第5回:2023年3月11日(土)早稲田大学 

東部会例会への発表申込方法について

美学会東部会では、2022年度例会での発表者を以下の要領で募集しております。
なお、2022年度の東部会例会は原則として対面での開催を予定しております。ただし、コロナウィルスの状況や、当番校の受け入れ体制等により対面開催が困難な場合は、オンラインでの開催となります。

応募書類

題目、発表者名(所属機関・身分[職位、学年])、1,200字以内の要旨を東部会事務局(e-office@bigakukai.jp)宛にお送りください。
要旨では、研究発表の意義、独自の解釈、主張を明らかにしてください。また、内容は未発表のものに限ります。

発表時間

発表(40〜45分)、質疑応答(15〜20分)の計1時間です。
なお、発表内容に応じて、20分もしくは60分の発表時間を選ぶことも可能です(質疑応答はいずれも15〜20分)。これらの発表時間をご希望の場合は応募時に理由を明記してその旨お知らせください。

応募締切

2022年7月開催予定の例会については、2022年5月14日(土)
その後の9月の例会については2022年6月25日(土)
12月と翌年3月の例会については、2022年9月3日(土)といたします。

ご注意

・ご応募は要旨提出時点で会員の方に限ります。
・美学会で初めて研究発表される場合は、現在のご所属に加えて、これまでの研究紹介あるいは簡単な業績表を添えてください。
・応募到着後3日以内に東部会事務局より受領確認のメールが送られます。もし確認メールが届かない場合は、再度事務局にご連絡ください。
・締切の後1ヶ月以内に開催される東部会委員会にて題目・要旨を審査し、その結果を事務局からお伝えいたします。