• 金. 4月 19th, 2024

美学会

The Japanese Society for Aesthetics

2023年度 第5回美学会東部会例会のお知らせ

2月 14, 2024

2024年3月9日(土)に早稲田大学にて2023年度第5回例会を行います。

[2024年3月7日 追記]: 諸般の都合によりタイムスケジュールを変更いたします。ご面倒をおかけし、深くお詫び申し上げます。どうぞご注意の上、お越しください。

2023年度 第5回美学会東部会例会

2024年3月9日(土) 13時00分~17時15分

会場:早稲田大学(36号館 5階 582)
https://www.waseda.jp/navi/av/toyama/036/036_582a.html

当番校挨拶 13時~ 小林信之(早稲田大学)
(1)13時05分 ~ 13時50分13時05分 ~ 14時05分
司会: 津上英輔(成城大学)
春木有亮(北見工業大学)
「「ふつう」の美学――想像の帰還地点」


15分休憩 → 5分休憩

(2)14時05分 ~ 14時50分14時10分 ~ 15時10分
司会:調文明(立教大学非常勤講師)
甲斐義明(新潟大学)
「写真とピクチャの境界――初期アルフレッド・スティーグリッツに対するヘンリー・ピーチ・ロビンソンの芸術写真理論の影響について――」

15分休憩 → 5分休憩

(3)15時05分 〜 15時50分15時15分 〜 16時15分
司会:川瀬智之(東京藝術大学)
清水康宏(東京大学)
「循環する司祭と詩人――K・ラーナーの神学と詩論――」

15分休憩 → 5分休憩

(4)16時05分〜17時15分16時20分〜17時30分
【東部会特別講演会】
司会:吉田寛(東京大学)
Prof. Alessandro Giovanni Bertinetto(トリノ大学)
“Habits, aesthetic experience and normativity”

なお、今回の例会は全ての発表において、会議システムzoomによるリアルタイム配信も行います。
当日、以下のURLあるいはミーティングID・パスコードにてご参加ください。

トピック: 2023年度美学会東部会例会(3/9早稲田大学)
時間: 2024年3月9日 01:00 PM 大阪、札幌、東京
Zoomミーティングに参加する
https://list-waseda-jp.zoom.us/j/95705560152?pwd=eUxOdDU1Y2pnVlNDN3B4ejl5VkViQT09

ミーティング ID: 957 0556 0152
パスコード: 477622

入室いたしましたら、ご自身で名前を以下のように変更お願いします。
名前(漢字あるいはカタカナ) 所属(任意)
例、 山田太郎 東京大学
名前の変更方法については、下記のサイトをご覧下さい。
https://applimura.com/zoom-name-change/#ZoomPC
研究会中は、音声とビデオともオフに設定してください。
質疑応答に際しては、zoomのチャットや挙手、反応等の機能を用いて行います。

Zoomでの参加の際、発表の録画・録音、スクリーンショット等は行わないでください。
また、ミーティングのURL・ID・パスコードを第三者に知らせることはお控えください。

2023年度 美学会東部会特別講演

“Habits, aesthetic experience and normativity”
登壇者:Alessandro Bertinetto教授(トリノ大学)

司会:吉田寛(東京大学)
開催趣旨:このたび、東部会例会の機会と合わせまして、トリノ大学より来日中のAlessandro Bertinetto教授の特別講演を開催します。以下、要旨とプロフィールに示されるように、Bertinetto教授は美的経験と習慣についての研究についてお話しくださいます。ご発表は英語で行われ、通訳はありません。ご発表のあとにディスカッションの時間を設けます。美学会会員との活発な交流の機会になりますよう、皆様ぜひご参加ください。

【要旨】
Contrary to the prevalent belief that habits impede aesthetic experiences, my lecture advances the notion that there exists a profound link between habits and the aesthetic dimension of experience, inclusive of the arts. Echoing the thoughts of certain philosophers, I argue that beauty is (the product of) habit: habitual practices are a source of meaningful everyday aesthetic experience and aesthetic experiences in general—beyond the confines of art—require and are structured by what I term ‘aesthetic habits’. These habits not only scaffold and shape aesthetic practices but also exert a normative power. My presentation will explore this perspective, offering a defense against potential criticisms.

【登壇者プロフィール】
I am Professor Alessandro Bertinetto, and I hold a PhD from the University of Padova, earned in 2000. Currently, I am a Full Professor of Aesthetics at the University of Turin. Throughout my career, I have held various distinguished positions in the field of aesthetics and philosophy. Prior to my current role, I served as a researcher in aesthetics at the University of Udine and as an associate professor of Theoretical Philosophy at the University of Turin. Additionally, I was honored to be an Alexander von Humboldt Fellow at the FU Berlin and have had the pleasure of being a visiting scholar at prestigious institutions, including Madrid (Complutense and Autónoma), Murcia, Toulouse, Kanazawa, Luxembourg, Valencia, and Belo Horizonte.
My research interests revolve around German idealism, hermeneutics, aesthetics, philosophy of action, philosophy of art and philosophy of music; I am expecially focusing on topics such as creativity, improvisation, and habits. Among the more or less recently books I have authored several I mention “Il pensiero dei suoni” (Milan, 2012), translated into French as “La pensée des sons. Introduction à la philosophie de la musique” (Paris, Delatour, 2017), “Eseguire l’inatteso. Ontologia musicale e improvvisazione” (Rome, il Glifo, 2016), and “The Routledge Handbook of Philosophy and Improvisation in the Arts” (Abingdon, Routledge, 2021), which I co-edited with M. Ruta. Moreover, I have published “Estetica dell’improvvisazione” (Bologna, il Mulino, 2021), translated into English as “Aesthetics of Improvisation: Fink/Brill, München/Leiden, 2022).
In the past, I had the privilege of being a member of the Executive Committee of the European Society for Aesthetics from 2012 to 2018, and currently, I serve as the Coordinator of ART – Aesthetics Research Torino: www.art.unito.it. To learn more about my work and publications, feel free to visit my personal webpages at the following links:

Personal Webpage (1): https://sites.google.com/site/alessandrobertinetto/
Personal Webpage (2): https://unito.academia.edu/AlessandroBertinetto
Personal Webpage (3): http://www.dfe.unito.it/do/docenti.pl/Show?_id=abertine#profilo